ふぁいと!ふぁいと!CHIBA!

千葉ロッテマリーンズを中心とした千葉の話題と、個人日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ロッテのファンってなんだろう・・・
ここ数日間ずっと泣きっぱなしです。
たかが野球だ・・・親が死んだわけじゃないんだと自分に言い聞かせても、
どうしても止まりません。

ここに来て何で私がロッテのファンだったのか、よくわからなくなりました。
元々千葉の球団だったのでなんとなく応援はしていました。
ですが心から応援するようになったのは、ファンだと公言するようになったのは黒木を見てからです。そして次に好きになった選手が小坂です。

私にとって黒木や小坂という選手は特別な存在です。
万年Bクラスで、何の希望ももてない中で、
ひたすら黒木が投げ、ひたすら小坂が走る・・・
一つ一つのプレーにわくわくしたり、笑ったり、感動したり・・・。
チームの勝敗とはまた別次元のところで、語れる何かがあった。

今回の小坂のトレードで、私はロッテの何が好きだったのかわからなくなりました。
ロッテの小坂が好きだったのか、小坂誠が好きだったのか、
ロッテの選手が好きだったのか、千葉ロッテマリーンズが好きだったのか。

小坂ファンならば、読売に行ってもジャイアンツの小坂を応援するでしょう。
ロッテファンならば、誰がこようが誰がでていこうがロッテを応援するでしょう。

私は小坂だけが好きだったわけではないし、初芝も堀も黒木も小宮山も大塚も福浦も西岡も今江も・・・ロッテの選手はみんな好きでした。
スター選手のいないロッテが好きだし、
アットホームな雰囲気のロッテが好きだし、
キャンプに女子アナが来ないと嘆くロッテが好きだし、
観客動員100万人が夢だったロッテが好きだし、
それでもどこにも負けないくらい熱いファンがいて、
素晴らしいプレーをする選手がいる。そんなロッテが大好きでした。

だけど小坂を失って、何が大切なのかわからなくなった・・・。
まだ他にも選手はいるのに・・・大好きな黒木もいるのに・・・
マリンのショートに小坂がいない。あの小さな背番号1はどこにもいない。
いくら探しても絶対に見つけられないんです・・・。
そんな気持ちで来年マリンスタジアムに行って、心からロッテを応援できるだろうか。

ボビーとスンヨプの年俸がかさんだから?
西岡のように若手が出てきたから?
もし西岡がエラーをしたら、「小坂だったら取ってたなぁ・・・」
スンヨプが三振したら、「2億も貰っておいて・・・」
そしてこの決断を下した(推測にすぎませんが)ボビーに、
われらが指揮官と言えるだろうか・・・ボビーボビーと拍手できるか。
選手には何の責任もないのに、ボビーは何も悪くないのに。

そんな気持ちになってもロッテファンだと言えるんだろうか・・・。

アジアカップの最終戦・・・3タコだった塀内にライトスタンドから
ものすごいブーイングが浴びせられました。
4打席目打席に立った瞬間起こったブーイング・・・そして
それに対抗するように「がんばれー塀内ー!」「大丈夫だー!」と聞こえる声援・・・。
ブーイングは昔からあったし、選手を励ますためという人もいます。
でも真っ白に染まった外野席から浴びせられる滝のようなブーイング・・・。
ロッテが変わっていく・・・そういう風に思った・・・。
だけど「塀内ー!」という声援を聞いて、その疑念を振り払ったんです。

でも今回の小坂のトレードでその疑念が決定的になりました。
こんな風に小坂を切って、選手を入れ替えしながら勝ち進む。
思うようにいかない若手にブーイングをして、
負け試合だとわかれば試合終了を待たずに帰り始めるファンが増える・・・。
ベテランを切り捨て、勝ちにこだわり、次々と生まれては去っていくスター選手。

そんな球団になるんでしょうか・・・

この小坂のトレードを乗り越えてその先に何があるの?
弱小球団ロッテから常勝人気球団ロッテになるための生みの苦しみ?
そのために小坂が捨てられた。ずっとロッテを支えた小坂が捨てられた。

それなら常勝なんていらない。スター選手なんていらない。
そんなもののために私はロッテを応援してきたんじゃない・・・。
パリーグを応援してきたんじゃない・・・。
小坂と一緒に私たちファンも捨てられた・・・そんな気がしてしょうがない。

ボビーには凄く感謝しているし、今年は本当に感動した。楽しかった。
10年前にあんなことがあったのにまたロッテに帰ってきてくれた。
凄くうれしかった。ボビーは本当にいい監督だった。
ずっと暗闇だったロッテで、ボビーが希望の光だった。

だけどもうボビーがわからない。何か言ってよボビー。
ボビーは知っていたの?知っていたなら何で小坂を切ったの?
何か言ってくれ頼むから・・・お願いだから・・・
こんな気持ちにさせないでくれよ・・・

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
TB有り難うございました。
僕も、ここ数日眠れない日が続いてます。
「球界の盟主」なんて言葉はMarinesに必要ありません。こんな状態で来年V2を達成しても、納得いかないと思います。ではでは。
2005/12/23(金) 22:30:46 | URL | ちゅう #-[ 編集]
ちゅうさんへ
コメントありがとうございました。
読売とロッテはこんなにべったりな体質だったのでしょうか・・・。
本当に不安が消えなくてどうしようもないです。
小宮山が今回の小坂の件について何か言ってくれるかと思ったのですが、結局何もなし。
なんだか初芝の引退で、昔のロッテは本当に消え去ろうとしているのかもしれません。
涙が溢れてとまらないのは、そのせいかもしれません。それでもついていくのが真のロッテファンなんでしょう・・・。どうしたらいいのかわからないです。
2005/12/24(土) 02:36:36 | URL | やんそん #-[ 編集]
(涙)
TBありがとうございます。
拝読して、コメントを残したくてもう一度本文を読み返すと、また泣けてきて…書き込むまでに1日かかってしまいました。
きっと自分も同じような気持ちです。切り裂かれてバラバラになった心のまま、チームと小坂を応援するしかないのかなあと、今はぼんやり考えています。現実感が薄いですけど…
キツイですね。
2005/12/25(日) 10:05:21 | URL | ひぐち #-[ 編集]
ひぐちさんへ
コメントありがとうございました。
コメントを読んでまた泣けてきています。
今回の騒動で、色々な方のブログを読んで本当に気持ちが揺れ動いて、そして力を貰ったような気がします。
ですが最後の最後はそれぞれが自分の心を決めるしかないですよね…。つらいです…。
2005/12/25(日) 14:53:00 | URL | やんそん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/26(月) 18:56:44 | | #[ 編集]
なべさんへ
コメント頂きましてありがとうございました。
皆さんがそれぞれ答えを出していくのを、見ていてとても勇気付けられたというか、元気を貰ったような気がしました。
私自信の答えはまだ出ていません。今は早くシーズンが始まらないかなと思っているだけです。純粋に野球がみたいなー。
2005/12/26(月) 22:35:53 | URL | やんそん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
少し、気持ちを落ち着かせようとしたけど、 全く怒りが収まりません。 ---------------------------------------------- ≪ロッテ瀬戸山代表 気持ちは「レンタル」≫ロッテの瀬戸山球団代表は小坂の放出理由について説明。「昨年からオファーはあったがずっと断ってきた。
2005/12/23(金) 22:26:25 | Macでロッテりあ
小坂を 金銭で 放出する これが 球団のファンへのメッセージですか。 それも
2005/12/23(金) 22:44:33 | ゴマメのhagishiri~スズメ♂日記
「あの」小坂が、「球界一のショート」が、「パシフィックの誇り」が、「野球の面白さをそのまま体現するようなプレイヤー」が、讀賣に売られた。たったの一億円で。真っ先に頭を
2005/12/24(土) 00:48:59 | kffc一言日記
ニュースを今見られません。ニュースサイトなのに申し訳ない。天台で初様が神と昇華される時を見守った訳ですが(マリンブルーの風さんのような入りですみません)その後このようなやり方でマリーンズは守備の神を失った訳です。
2005/12/24(土) 01:18:03 | サーカス的野球観戦(記事部)
昔さ、選手に付いて球団を移動することも厭わないファンを「猫型」、球団に付く忠実なファンを「犬型」って言ってましたよね。最近は言わないのか知らないけど。自分は日ハムから選手を置いてロッテに来て、完全に犬だと思ってたんですけど、今回フロントに失望したことで小
2005/12/24(土) 17:44:14 | お前の尻は。
168cmと小柄ながら、快足を生かした盗塁と華麗な内野守備でファンを沸かせた名手、小坂誠選手が巨人に移籍することになりました。ロッテ小坂が巨人へ電撃移籍(スポーツナビ) 宮城県の柴田高校からJR東日本に進み、96年ドラフト5位でマリーンズに入団。翌年の97年から
2005/12/24(土) 20:16:37 | Bohemian Rhapsody
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。